忍者ブログ
新しいターゲティング技術が次々に生まれてくるウェブ広告の世界で究極のターゲティングを追い求めるブログです。
Google
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、社内での会話や営業先で思う事なのだが第三者のビジネス範囲を把握するのはとても大事だと思う。

ってか、それを思っている人は多いが、うまく実践できている人は少ないと思う。(自戒をこめて)


経理は経理の事は詳しいし、営業や技術の事は知らない。

エンジニアは技術の事は詳しいが、営業の事はわからない。


もう少し突っ込んで、こういう場面で感じるわ~という例を2つ紹介。

■例1  要らない情報を色々言う人

経理「なんでこの広告費、4月は50万円だったのに、5月は100万円なの?」

広告担当「この広告費はオーバーチュアっていう会社がやってる、スポンサードサーチって商品で、検索結果の上の方に出る広告でキーワード毎に買えるようになってて、ユーザーがクリックした時のみ課金される商品なんで、5月初めに登録するキーワードを大幅に増やしたんでその分広告費も増えたんですよ~」


経理担当者はオーバーチュアがどういう商品かなんて聞いてないし、知らなくてもいい情報なので
「広告の掲載を増やしたんで、広告費も倍になりました」といえばいい話。


■例2  自分の領域の知識を知っている前提で話す人

経理「なんでこの広告費、4月は50万円だったのに、5月は100万円なの?」

広告担当「オーバーチュアのキーワード増やしたからです」

そんなこと言われても???ですよね。



色々な分野の知識を持っているに越したことないけど、経理の人は会社の会計をするのが仕事ですので、、、



こういう事が最近多いんです。

相手の知らないことや知らなくてもいいことを話さないのは会話の気遣いだと思うし、
こういうこと出来る人は何の分野の仕事でもデキる人に多いと思います。


以上。

PR
Click here to find out more!

amazonでこんなセールをやってました。

新生活のグッズのセールなんですが、UCCがスポンサーになっています。

新社会人に向けたセールだと思うので
「毎朝出勤時にUCC飲みましょう!」
ってことだと思うんだけど。

仕組み的には面白い。

普通にamazonで広告出してもamazonにしかお金が入らないが、
これはセールという形でユーザにも還元されている。
しかも、値引きという一番分かりやすい形で。


何か買うと新作コーヒーも一本付いてくるとかないのかな。。。

こんなセットもあるんだね。
シャツが最近疲れてきてるから、買おうかな。
やすいよね。。。

デカ目・小顔・美肌…デジカメ、プリクラだけでなくアバターまで整形で「カワイイ」を追求【yahoo!ニュース】

ファッションコミュニティサイト「プーペガール」は、会員登録時に設定した自分のキャラクター(プーペ)の顔を変えることができる美容整形サービス 「ビューティープーペビル」を開始した。

これまでプーペガールでは、会員登録時に設定したプーペガールの顔を変えることができなかったが、ユーザーから自分のプーペをもっとかわいくしたいとい う要望が多く寄せられたため、今回のサービスを始めることになったという。このサービスでは仮想通貨「リボン」で支払いを行い、目や輪郭の形などを選んで プーペの顔を変えることができる。ただし、運営側は、このサービスはユーザーが自分のプーペの顔との違和感を解消してもらうためのものであり、美容整形を 支持するものではないとしている。


美容整形サービス 、、、これは。。。

プーペガールはサイバーエージェントの新規事業から子会社化したサービスですが、
実はプーペガールの森永社長は僕の学生時代サイバーエージェントの新卒採用の部署にいて、大変お世話になった方です。

数ヶ月前に仕事でお打合せをして、3年ぶりくらいにお会いしたのですが、お変わりなくお綺麗で「美容整形」など必要ない感じの社長さんです。


アバタービジネスという所で考えると、広告のクリックやコンバージョン、またはポイントの購入のモチベーションにならなければいけないのでアバターを変えたい欲求、人と違うものにしたいという欲求をどれだけ高められるかが勝負だと考えてます。

人間というのは誰もが見栄っ張りの部分を持っているものなので、他人より着飾ったり、新しいものを取り入れたりしたくなるのは当然だと思います。
そこでユーザが本当に欲しいアイテムをどんどん提供していくのがキモですね。(大変だけど)

そんでも、顔のつくり(目とか鼻とか)は一種のアイデンティティーになっているのでどうなんだろうという感じではあります。
まぁ、SNS内での話ですけどねw

髪型や、眉毛などが服の感じや年によって変えれるのはいいのかな。。。。



要するに女の子のこだわりは男に理解できないという事!

仕事上でのチームワークとは、と考えてみるとやはり信頼関係を築けるかどうかだと思っている。


「この上司の言う事だったらまちがいない!今は厳しいけど頑張ろう!」

「このメンバーだったら安心してこの仕事を任せられる!」


という信頼関係。



そういったものは、実績や学歴、経験などによっては形成されにくく、一緒に話す時間が最も重要だと思う。
僕の浅い経験で言うのもなんだが、最低半年くらいはお互い中途半端な信頼関係しか築けないのが普通の部署だろう。



それをわからずに新しい会社や新しい部署にジョインしたとたん気合空回りで、「よし!俺についてこい!」みたいなマネージャーとかは要注意ですね。
そんなことやっても誰も付いていかないし。

ってか誰だよwみたいな。



まずはチーム内での経験が長いメンバーにある程度の敬意(というか聞く耳を持つ姿勢)を持とう!
そして、意見をぶつけて解決するまで話すべきだ!
変にはぐらかしてその場を避けたり、強く命令してしまうと、長引いてしまうと思います。


プレイヤーとしては立派だが、マネージャーになったとたん結果を出せなくなる人がよくいると聞くが、それはそうだろう。
必要なものが180度違うと思う。
プレイヤーとしては頑固さ。マネージャーは我慢する忍耐力だ。



どの職場にもいると思いますのでこういう人種は。

特に外から来たマネージャーはこういう罠に陥りやすいです。

お前らを任されたのは俺だから、俺についてこい!って人は


1+1=3になる前に

1+1(退職)=1になってしまいますよ。





最近あったことをありのままに話すぜ。


うちの会社で運営している幾つかの広告枠があります。
まぁ、販売&運用代行観たいなことをしてるんだけど、


そのクライアントに官庁系(なんて言うの元お役所?)の会社があって、100キロで走ってもいい有料道路サービスをやっている会社なんだけど

そこに広告配信レポートをcsvで送ったんだ。


実は広告配信レポートはウェブ上でダウンロードできるのだが、なぜか送ってくれとのことだったので

「まぁ、業務外だけどそのくらいはいいかと。。。」



そうしたら、翌日メールが来た


”弊社はpdfでしか受け付けてないのでpdfで送ってください”






!!!!!!!


「そんなこと自分で変換してください」


と、返信しようかと100回くらい自問自答したが、結局pdfにして再送した。


おすすめ
ラグジュアリーアロマ
カウンター

プロフィール
管理人:にゃご
メアド

please chat with me
最新CM
[01/18 MichalShenty]
[01/17 Viktorianabink]
[09/29 。(自戒をこめて)]
[02/08 flyman]
[02/08 thebest]
アクセス


リンク
お気に入りリスト

あわせて読みたい
ボーズ・インイヤーヘッドホン



アマダナ
Apple Store(Japan)
フィードメーター - The Ultimate Tergeting "アルたげ" ビジネスブログ100選 忍者ブログ[PR]薬剤師 通販
アクセスランキング